【考古学】2世紀に建てられた巨大図書館の遺跡がドイツのケルンで発見される[08/02]

61YNsoztoTL

1: しじみ ★ 2018/08/02(木) 15:10:31.99 ID:CAP_USER

世紀半ばに建設された巨大な公共図書館の遺跡がドイツのケルンで発見されました。この図書館には2万巻の巻物が所蔵されていたと考えられています。

‘Spectacular’ ancient public library discovered in Germany | Books | The Guardian
https://www.theguardian.com/books/2018/jul/31/spectacular-ancient-public-library-discovered-in-germany

この図書館の遺跡は、2017年にケルンの中心部にある教会の敷地内において「遺跡の壁の一部」が発見されたことをきっかけに発掘されることになりました。
考古学者は「この建物は古代ローマ時代に建てられたもの」と語っており、西暦50年に古代ローマ人によって設立されたドイツ最古の都市「コロニア」にあった建物の1つであるとしています。

ローマ・ゲルマン博物館のディルク・シュミッツ氏によると、「発見された壁には小さな隙間がありました。しかし、彫像を収められる大きさでもなかったので、何の隙間なのか悩んでいました」と述べていて、当初は何の目的で建てられた建物かわからなかったとのこと。その後、調査を進めていく中で、その隙間が巻物を置くための棚だったことがわかり、後に2万巻の巻物を保管できる巨大図書館であったことが明らかになりました。

(以下略)

全文は
https://gigazine.net/news/20180802-spectacular-ancient-library-discovered/


続きを読む

Source: 歴史的速報@2ch
【考古学】2世紀に建てられた巨大図書館の遺跡がドイツのケルンで発見される[08/02]