【青森】安産祈願のお守り?犬形の土製品出土 南部町・聖寿寺館跡

no title

1: nita ★ 2018/08/29(水) 16:18:15.33 ID:CAP_USER9

青森県南部町は28日、戦国時代に北奥羽地方最大の勢力を誇った三戸南部氏が城館とした同町の史跡「聖寿寺館跡(しょうじゅじたてあと)」で、16世紀前半に作られたとみられる犬形土製品が、北東北地方で初めて出土したと発表した。安産祈願のお守りだったと考えられ、当時国の中心だった近畿地方から持ち込まれた可能性が高いという。所有できたのは有力な武将などに限られ、三戸南部氏の中央との交流や権威の高さを裏付ける発見となった。

7月30日の発掘調査で1点が見つかった。大きさは高さ3・5センチ、長さ6・6センチ、幅2・2センチ。手で粘土を整形した手づくね製で、前足や後ろ足、耳、尾が欠けていた。欠損箇所は摩耗し、壊れた後も手元に置いて、大切にされていたことがうかがえるという。

出土したのは、当主が居住したとみられる中心区画のうち、東北最大規模の大型掘立柱建物跡が発見された地点から北東へ12メートルの場所。

(略)

犬形土製品は史跡聖寿寺館跡案内所で9月1日から10月31日まで特別公開される。同史跡ではこれまでも東北唯一の金箔土器など三戸南部氏の格式の高さを示す遺物が見つかっていた。

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010002-dtohoku-l02


続きを読む

Source: 歴史的速報@2ch
【青森】安産祈願のお守り?犬形の土製品出土 南部町・聖寿寺館跡