【考古学】古代エジプトでも女性の尿によって妊娠検査をしていたらしい 3500年前のパピルスに方法記載 

1: すらいむ ★ 2018/09/05(水) 15:36:38.61 ID:CAP_USER9
古代エジプトの妊娠検査法、3500年前のパピルスに記載

(CNN) 3500年前の古代エジプトの女性も、現代の女性と同じように尿によって妊娠の有無を判定していた可能性がある。研究者らによる同時代のパピルスの分析から明らかになった。

新王国時代に当たる紀元前1500~1300年に書かれたこのパピルスは、デンマークのコペンハーゲン大学に在籍する国際研究チームが解読した。その結果、当時の女性に対し、尿を使用した妊娠検査の方法を教授する内容が含まれていたという。

そこには神官文字で、袋に入れた大麦とエンマー(小麦の一種)にそれぞれ尿をかけ、「それらが育てば女性は妊娠している。大麦が育てば男の子、エンマーが育てば女の子が生まれる。どちらも育たなければ妊娠はしていない」と記されている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

CNN.co.jp 2018.09.05 Wed posted at 15:28 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35125113.html


続きを読む

Source: 歴史的速報@2ch
【考古学】古代エジプトでも女性の尿によって妊娠検査をしていたらしい 3500年前のパピルスに方法記載